cojのなにか

シャドウバースはじめました

cojS新カード雑感 赤黄

紫メインのため数少なめ

《ヒートドラゴン》
竜サーチ
相性のいいカードちょっと減ったのが残念

《デモンフィスト》
トリロスの新しい選択肢
リリムと違い殴らないといけない代わりに全体2000
トリガーがあれば毎ターン発動可能
サポーター効果も持っているなかなか器用なやつ

ケロール・レッド》
キーワード狂戦士持ち
そこそこきつめのデメリットにしては
能力は今一つ

《ミノタウルス》
アタック時7000
ほぼブロック出来ない能力持ち
メリット能力は回避されやすいのが難点だけど
後攻初手からこいつが動くと面倒そうではある
環境の除去力次第

《炎剣・レーヴァンテイン》
新しい3cp武身
毎ターン3000ダメはそれなりに優秀な除去
トリシューラへの進化元にもなるし
トリロス系統にトリシューラとセットで出張しそう

《創世竜ティアマト》
軽ユニット除去しつつ
一緒にデカブツも処分できればいいなあ系除去
一体目にさえ勝てれば後は火力で自力サポートができるので
3cp以下が並んでる盤面では強そうだが
3cpまで相手にするにはちょっと心もとないサイズと
同じcpにガイアが存在する、秩序殺しカードも来たため
手間のかかる除去を使う必要性があるか?という疑問
あと青に使うとシズクや滅王が辛そうである

《強運の狙撃》
0cpで2枚割れるトリガー割
まあ、条件がそれなりにきついことや
1枚確定で残るので追加のトリガー割がほしいと
魔剣や占い師の方が使いやすそうである

《ハードグラビティ》
チェイン逆バージョン
自陣被害を押さえやすいが敵も巻き込みにくい
ocユニットとの相性も最悪とあまりいいところがない
流石にこれよりアザゼルのがいい

《魔炎の決意》
赤いパンプ
この手では珍しく限定条件ながらブロックでも使える
が、2000アップと数字が少なく悪魔にしかつかえないと
デメリットが多く無色パンプで事足りる
そもそもブロック時に悪魔全体強化する意味が見いだせない

《朝空のニコラ》
相手もドロー出来るようになった葉っぱ
タックスのお供に最適であり
バウンスなどとあわせれば相手のアドを消すことは容易

《ゴールド・ダルマン》
お帰りKP
といってもそれなりに弱体が入ってる
珍獣になったことでピンサーチできなくなり
黄色になったことでカパのサーチを乱してしまう
珍獣のカンナはほぼ必須ユニットなため
KPに比べれば大分おとなしくなるだろう
まあ、手札に余ったダルマンで両成敗の種に出来るメリットも一応増えてる

《白ずきんちゃん》
新しいずきんちゃん
一体で2点分のライフを稼げるため
アグロなデッキには良く刺さる
サイズも良好、とりあえず出すユニットには良さそうだが
アポロンでパクられるのが割りと辛い

《不知火玖式》
沖田に近い戦闘じゃ死なないタイプのユニット
場合によっては悪用される、サイズが小さい
単体では1体しかとめれないとぶっちゃけ使いにくい
弁慶とちがって加護をつけると悪用もしにくい
不知火シリーズはどいつもつかいにくい

置き魔法石
石として使うには1点受ける必要があるが
パンプ耐性があったりサイズも良好と壁としては優秀
アド損のない石の強さは言うまでもなく
盤面を解決する1枚をピンポイントで持ってこれる
当然こんなもの置かれたら最優先で排除対象であり
アポロンで即コピー対象でもある
地味に神獣
加護がなくてほんとよかった

《天空神機ゼウス》
消滅毘沙門
進化禁止をつけたのは英断だと思います
恐らく今後延々と青を悩ます目の上のたんこぶ
ただ、びっしゃもーんに比べてぜっうすーって言いにくい
毘沙門って偉大だったんだなと思わせる1枚

《美しき彫像》
不屈以外に刺さる除去
もしくは、アタック時全体ダメージ
レイアとこれ2枚とかあれば盤面リセットもできそうだが
行動権消費してるユニットがそれなりにいる必要があり
割りと不安定
1つめの能力があるので腐りにくいが
流石にそれだけだとちょっと弱い

新しいギョクジ
ユニット1体じゃなくても発動できるが
スピムとあわせて奇襲はできなくなった
場にユニットは残るためocニケとの相性は良くなったので
何らかの悪用はできそう

重いけど何でもコピーできる
4cpだがユニットを出す必要があるので
実質5cp以上のスペルである
問題はそこまでしてコピーしたいやつが何体いるか
それを相手が出してくれるかという問題
そして4cpにはアポロンがいる


目玉はゼウス
今回はカード追加少ないんで
SRのカードパワーが目立つ